2017/11/19

物損事故を人身事故に切り替えることはできないと思っていませんか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

物損事故を人身事故に切り替えることはできないと思っていませんか?

 

コチラの記事は今現在、交通事故にあってしまい困っている方と、交通事故によるむち打ちなどの施術を担当されている整骨院の方が患者様へ教えて上げて欲しい情報を提供する目的で書いています。

交通事故という固い内容をとっつきやすくするためにふざけた表現方法を乱発しますが不快に感じる場合にはそっと×ボタンで当サイトを閉じていただければ幸いです。

なお、あくまでも個人の見解となりますので実際にご利用の場合には専門機関にご相談ください。

 

下記サイトは1000もの弁護士事務所からぴったりの弁護士さんをご案内してくれれます。

【日本法規情報公式サイト交通事故サポート


今回は交通事故でよく問題となる警察での取り扱い様式ついて説明します。

とりあえず、警察での交通事故の取り扱いには2つあります。

1つめは・・・

物損事故

2つめは・・・

人身事故

まずは、この2つがあるということ覚えてください。

 

 

突然ですが・・・

吟じます!!!!!

 

 

3か月たった~  物損事故を~

人身事故に~ 切り替えようとすると~

美人な婦警さんに~

秘密の小部屋に~ 連れてかれる~

 

 

 

あると思います!!

 

 

詩吟を知らない方はこちらの動画をどうぞ!!!

交通事故とは関係ありませんので見なくても大丈夫です。

 

 

 

僕が好きな方の詩吟はコチラです。是非表舞台に帰ってきてほしいものです。

レンタルおっさんとして現在活躍中の天津木村さんも吟じます!

 

 

 

ここからが本題です( `ー´)ノ

 

MCなめダルマの友達であるラッパーの天津林村AKA詩吟王子が3か月前の交通事故の取り扱いを物損から人身に切り替えた際のお話を、交通事故を物損にするか人身にするかで困っている方のためにご紹介します。

 

天津林村AKA詩吟王子が渋滞停車中のところを後ろからガツンとおかまをほられました。

 

ぶつけて来たお相手は広末似の美人教師

 

その場ですでに首などに痛みはありましたが、その広末似が人身だと首になっちゃうかもグッスン(´;ω;`)と言うので

 

吟じます!!

美人教師の~  お願い聞いてあげると~~

あとで謝罪の挨拶に来た時に~~

なんだかんだで~ なんだかあるきがする~~

あると思います!!

そんな下心もあり、その場では首が少し痛む程度だった為、あまり怪我の事は気にせずに物損として警察に届けました。

 

翌朝、起床時に首を動かすとズキッンと激痛が・・・・(ノД`)・゜・。

 

物損扱いでも保険会社は通常なら治療費や慰謝料は支払ってくれる、そして物損でも人身と変わらずに相手側の保険会社は交通事故から示談までのフォローをしてくれるとグーグル先生が言ってたので
保険会社に連絡後、整形外科へ受診しました。

*交通事故後、体に痛みや違和感がある場合には、初めから人身として警察に届け出ましょう。

 

2か月後

保険会社から吟じられました

物損なので~  あなたの治療費は~

3ヵ月間までしか~ 支払いしないので~

ご了承~ ください~

ないと思います!!

まだ首の痛み治ってないし
お医者さんもまだかかりそうですねと言ってるし
何言ってだこのやろ~~~~٩( ”ω” )و))

 

保険会社の理屈はこうでした。

物損の届け出という事は怪我はないという状態でして
本来なら治療費も支払う理由はないのですが弊社の特別な計らいで
治療費をお支払いしている状況でして
これ以上治療が続きますと慰謝料もお支払いできなくなりますので
そろそろ示談してもらった方がお得ですよふじこふじfじ

 

あ~はん?

あんた吐いたツバ飲むなよ!!

 

吟じます!!

弁護士の~  無料相談で~

聞いたら~  そんのことないけど~

そこまで言うなら~

お望み通り~ 人身に切り替えたら~

あると思います!!

 

結局大変残念な結果となりましたが

ぶつけた広末似もその後謝罪の電話もなし

その保険会社もこの対応・・・

 

交通事故の物損から人身への切り替え方法

①病院で診断書を出してもらう

普通にお願いすれば出してくれます。
整骨院のみの通院だと診断書がだせませんので、必ず交通事故にあった場合には整形外科で診察を受けましょう。

もちろん整骨院で交通事故による頚椎捻挫などの施術を受けることは、認められることなので遠慮せずに整骨院にも通院してください。

ただ、後遺障害や、賠償問題で裁判など起こす場合には、整骨院だけの通院だと相手保険会社につつかれますので、整形外科にも最低でも月1回はいかれた方が良いでしょう。

 

②交通事故時の担当警察官に電話する

物損事故でも事故受け付けましたよ的な名刺サイズの紙をもらっているはずなので、その紙に書いてある担当者あてに電話する

担当わからなければ交通事故の日付を担当警察署で言えば教えてくれるはず。

 

③担当警察官に診断書を提出

ここが一番の鬼門になります。
警察官の勤務形態が24時間勤務の後は2日非番という特殊な勤務システムのためか、なかなかアポがとれません。

原則は、事故現場に来た担当者に会って人身に切り替えないといけません。暇な人はいいのですが、仕事や育児で忙しい方は頑張りましょう。
アポとっても約束の時間に交通事故が発生すると現場に出動し会えないこともあるようです(゚Д゚;)

 

④調書の作成

秘密の小部屋につれていかれます。

かつ丼はでませんが、そこで調書の作成をしてくれます。

物損の扱いの場合でも警察ではある程度状況を把握していますので、その確認をしながら調書を作成します。

何キロぐらいでてたか?

どこでぶつかったか?

信号は何色?

どうしたら事故が起きなかった思う?

など聞かれますので普通に答えましょう。

 

警察署によっては再度現場に行き現場検証をやる場合もあるようです。

また相手を呼びたし状況の確認などを確認し、実況見分調書を作成します。

 

また被害者の場合は

相手に厳罰を求めるか?

求めないか?

警察にお任せするか?

などを聞かれます。

 

 

天津林村AKA詩吟王子いわく
お巡りさんは優しく目を見つめながら
丁寧に・・・・ 説明してくれそうです おじさんが

その後、1か月ぐらいで人身扱いに切り替わりますので、それ以降に事故証明書をとれば物損だった事故証明書が人身の事故証明書になったそうです。

 

保険会社とのその後の顛末ですが、天津林村AKA詩吟王子は加害者の広末似に、人身に切り替える理由をしっかり電話で説明しました。

 

広末似の保険会社の担当様が、物損では怪我の補償を3ヵ月間しかできないと言われましたので、弁護士と相談した結果人身にきりかえさせていただくことにしました。

 

私は広末似さんが公務員なので物損でかまわないと、考えていましたが保険会社様に取り合ってもらえずこのような形になってしまい、大変心苦しく思っています(ノД`)・゜・。

 

その後保険会社担当から電話があり、人身に切りかえなくても、しっかり賠償するので物損でやらせていただきますとお申し出がありましたが、残念!! もう警察行ってきましたから~

 

交通事故時の弁護士さんの重要性

幸い4か月半で完治したのでそのまま交通事故治療は終了。

無料相談時のの弁護士さんが親身に相談のってくれたので、そのまま弁護士さんに示談を委任。

自賠責基準を弁護士基準にUPされた慰謝料になっていたので、想像より高い金額での示談になりました。

 

弁護士費用が自腹なら費用倒れするところでしたが、弁護士特約をオプションでつけていたので、弁護士費用の自己負担ゼロでした。

交通事故という難しい問題は交通事故示談のプロである弁護士さんに委任するのが一番楽です。

ただし、弁護士さんにも得意・不得意がありますので、相続や離婚問題が得意な弁護士さんに交通事故の交渉をまかせるとひどい目に会う時も少なくはありません。

特に後遺障害や休業損害の賠償を請求する場合には、交通事故の示談を得意としている弁護士事務所出会えるかどうかが賠償金額が変わってきます。

 

ご自分の周りに交通事故に強い弁護士さんがいれば心配ありませんが、特にそのような情報が無い方には、日本法規情報の交通事故サポートに一度相談することはオススメします。

あなたのお住まいのお近くで、交通事故に強い弁護士事務所を無料で紹介してくれます。

【日本法規情報公式サイト交通事故サポート

 

そして弁護士さんを自己負担なしで利用するには弁護士特約が必要です。

いま加入している自動車保険を見直せば負担が変わらずか、または保険料が安くなるのに弁護士特約を付けれる保険があるかもしれません。

任意保険の見直しも検討してみてください。

【簡単に保険料を調べるにはコチラ】

インズウェブ自動車保険一括見積もり

 

本日のパンチライン

交通事故  その場である痛み

報告しろ  その場でおまわり

人身にしろ 物損じゃ遠回り

整骨院経営者様で交通事故患者様の力になりたい、一日でも早い交通事故からの卒業をサポートしていきたいとお考えでしたら、当社のパトロンになってみませんか?

整骨院に来院される交通事故の患者様を笑顔で交通事故から卒業できるような情報を盛り込んだあなた整骨院のためのサイトを制作いたします。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

整骨院経営者様へ

 

 

〈sponsorrink〉



 
この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 整骨院WEB制作屋のブログ , 2017 All Rights Reserved.