スポンサーリンク

踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々

見てるだけでなくYOUやっちゃいなよってことわざです。

踊る交通事故専門に見る交通事故専門、同じ交通事故専門なら踊らにゃ損々・・・

踊る治療にに見る治療、同じ治療なら踊らにゃ損々・・・

踊る学生が施術にに見る学生が施術、同じ学生が施術なら踊らにゃ損々・・・

踊る不正請求に見る不正請求、同じ不正請求になら踊らにゃ損々・・・

踊るセクハラに見るセクハラ、同じセクハラなら踊らにゃ損々・・・

 

確かに人生全般において、踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々はその通りだと思います。

ただ、整骨院を営業している社長にとって決して踊ってはいけないことが5つあるんです!

*99%の整骨院はそんことしてませんから安心してください!

 

整骨院がたたかれる5つの阿保

1、交通事故専門整骨院とのぼりをはためかせたり、WEBに掲載する阿保

2、治療って言葉をガンガン使う阿保

3、学生に患者さんを触らせて保険請求しちゃう阿保(補助は除く)

4、健保や自賠を不正請求しちゃう阿保

5、セクハラしちゃう阿保

この5つは阿保のやることなんです、言い切ります!!

3、4、5の阿保は特にスペシャルな阿保なんでグリとシロWEB広告社では相手にせず無視しますが、1、2の阿保は気にしていないか無知なだけなので全力でお救いしたいと考えています。

 

なぜ交通事故専門とうたうやつは阿保なのか?

下の記事タイトルをご覧ください・・・

こんだけ逮捕されるやつがいれば一般市民の方々もうすうす気づくわけですよ。

整骨院は交通事故が好きなのねって|д゚)

 

 

まあ~嫌いではないと思いますよ、でも保険会社に説明したり、慰謝料があ~だ~こ~だ~説明するのもめんどくさいのも事実です。

できれば普通の患者さんに来院してもらって整骨院の経営を安定させたくないっすか?

そんでもって困っている交通事故の患者さんが年間10人もくれば充分じゃないっすか?

 

でも、社長の整骨院のホームページが交通事故専門治療・交通事故専門院・交通事故特化など、事故事故うるせ~んだよって感じのホームページなら普通に怪我の施術や体のメンテナンスで整骨院に通いたい人のWEB集客を妨げていますよ。残念!!!!

 

あと交通事故の患者さんが保険会社に「うち~ビックリダディー整骨院で治療うけたいんやわ~」と伝えると、保険会社の担当さんはグーグル先生に【ビックリダディー整骨院】について検索します。そこで事故事故事故って交通事故をアピッてるホームページがでてきたら、保険会社も要チャックやな~の気分になる事は間違いないでしょう。OKグーグルじゃね~からって気分ですよ。

 

そんな理由から整骨院のホームページを制作する際は、ちゃんと地域に溶け込んだ地元密着型の整骨院ですよって感じのWEBサイトにするべきです。じゃ~交通事故の患者さんは他のあくどい整骨院にゆずるんすかっ?兄貴~ 男見せてくださいよっとお叱り受けるかもしれませんが、そこは秘策があります。

 

当社で地域密着型の交通事故の情報サイトを作成し、そこに社長の整骨院がスポンサードして下さい。細かいことはゴニョゴニョってことで(^^)/

それにもし、保健所の指導が入った場合は無料で修整しますので安心してください。保健所は即レスで修整すればあまりうるさく言ってこないケースが多いです。

 

治療ダメ絶対!!

治療っていう言葉は病院で処置を連想させるので整骨院では施術を使うこととなっています。

実際、整骨院の開業後に保健所がチェックしにくるのですが、治療と看板やチラシに入ってると、松本!!アウト~~~~  バンっ!!!って感じです。

 

WEBサイトは広告扱いにならないので好き勝手やってる阿保なWEB制作会社もありますが、業界のことわかっているWEB制作会社なら保健所を敵にまわすようなことは控えつつ打率をあげれるようなホームページを目指します。

 

治療、かっこ悪い。

堂々と施術で行きましょう。(もちろん心では治療してるよって想いは自由です。プライドは捨てる必要は無いでしょう!)

ただ、ただ、検索は治療でする人が多いのでその辺も工夫が必要です!矛盾したこと言ってますよ!!!

白黒はっきりつかないことも大人の世界にはあるんです。

 

 

お~そのサイトおれっちに一つくれよって方は問い合わせフォームからOKグーグルしてみてください。

おすすめの記事